ABOUT THE DIRECTOR

カイル・ライドアウト/ KYLE RIDEOUT監督・共同脚本

1981年2月23日、カナダ・バンクーバー生まれ。バンクーバーを拠点に映画監督・脚本家・俳優として活躍中。バンクーバーのランガラカレッジにあるスタジオ58にて本格的に演技、映画制作を学ぶ。本作の共同脚本/共同プロデューサーのジョシュ・エプスタインとは、Studio58で知り合って以来、コラボレーションを共に続けてきた。『Wait for Rain』(11/短編)では、コミコン国際映画祭で最優秀SF/ファンタジー映画賞を受賞。2015年に、写真家のエドワード・マイブリッジを題材とした『Eadweard』(日本未公開)で長編デビューを果たし、複数の国際映画祭で観客賞を受賞するほか、カナダ・スクリーン・アワード、レオ・アワードでは脚本賞にノミネートされるなど成功を収めた。俳優としては、TVシリーズ「スーパーナチュラル」(14/未/DVD)、「iゾンビ」(17)、映画では『ウォークラフト』(16)、『デッドプール』(16)など数多くの作品に出演。『リアム16歳、はじめての学校』では、リアムのおじさん役を務めている。

Filmography

Director's Statement

『リアム16歳、はじめての学校』は、共同脚本を担当したジョシュ・エプスタインの経験と、個人的な知り合いにも多い、自宅教育を受けた子どもたちに対する興味からインスパイアされています。彼らのずば抜けた知性と大人っぽい言動、そして時々見られる浮世離れした感覚や態度にすごく興味を惹かれました。自宅教育を受けた女子生徒から、くしゃみをするたびに周囲が<お大事に>と声をかけることは嫌味だと思っていたと聞いたことがあります。僕自身は自宅教育とは全く逆で、引越しすることが多かったため、7つの公立学校でみっちり教育されて育ちました。長編2作目の制作にあたり、自宅教育に目を向けるだけでなく、親としての立場を見据えるチャンスにもなると考えていました。子どもに対して過保護にしてしまいがちな父親としても、子どもたちが人生を歩んでいく上で、親が必要以上に護ってしまう傾向があるのではないかと思っています。『JUNO/ジュノ』、『(500)日のサマー』、『ナポレオン・ダイナマイト』をお手本にして、明るくて楽しくテンポのいい作品を目指しました。

ページトップへ